読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝える技術

 

一瞬で大切なことを伝える技術

一瞬で大切なことを伝える技術

 

 この本の内容は「重要思考で考えろ」ってのがキモですね.  重要思考とはなにか. 「重み」と「差」を考えろということですが, 就活の面接でアピールするのはこの「重み」と「差」になりますよね. 「私は留学経験があり, 英語を話せます」というのは英語を話せるという「重み」と, 留学経験があるという他人との「差」を考えて発されているものです.

 これはほとんどの人が自然とできているものです. しかし, 伝えるという場面以外ではどうでしょうか? この「重要思考」はあらゆる場面で使えるものではないかと僕は思ったわけです. 何をするにも「重み」と「差」を考えて生活を送ると, 無駄と思える行動が減ってハッピーになります. 「今僕がしていることは目標達成(人生を楽しく過ごす)のためにどれくらいの''重み''があって,他の行動との''差''はどれくらいあるか」っていう考えですね. これを常に考えて行動してたら, 無駄にテレビを見たり, ツイッターを開いたりすることが激減しました. 目標に近づいている感じがして, 生活にハリがありますね(笑 )受験勉強とかもこういう考えを''常に''できればよかったのですが... まぁ, わかってはいたりなんとなくできてたりしても, 言語化しておかないと忘れますから「重要思考」という言葉を知れたことは大きな収穫です.